めごいねーの詩(うた)    

       〜広田アヤさんへ〜

 

       詩・曲/むたゆうじ 20020222

 

 

潮風に頬を染めながら 咲いている 花がある

お日様にT心U寄せながら 歌っている 花がある

ほころぶ 溢れる 笑顔 隣に隣に友達 

押し寄せる 波の数より 幸せ 幸せ 幸せ

 

    幾つも山を越えて 

    幾つも海を渡り

    聞こえてくる 遠い 母の呼び声

    T魚は ありましたかなU

    聞こえてくる 遠い 母の呼び声

    T元気は ありましたかなU

 

 

たくさんの子供を抱きしめ この道を 押してゆく

当たり前に歩くだけだと 坂道を 押してゆく

カサカサ 乾いた 掌 遠くなるだけの 風景

何もかも みんな すべてが 愛しく思えたT指きりU 

 

    幾つも山を越えて 

    幾つも海を渡り

    聞こえてくる 遠い 母の呼び声

    T魚は ありましたかなU

    聞こえてくる 遠い 母の呼び声

    T元気は ありましたかなU

 

    T元気は ありましたかなU